実家の中古住宅を売却しました

高齢になった両親と同居することになり、築30年の古い実家を売却することになりました。今後のことを考えると、そのまま持っていても維持費や管理が大変なので、両親との同居を機に売却し収入がない両親の生活費にあてることにしました。最初に売却を考えて連絡した不動産会社はとても親切だったのですが、なかなか買い手が見つからなかったので高齢の両親が不安になったため、別の不動産会社にも査定をしてもらうことにしました。

 

インターネットで探した不動産会社は、住宅の点検から丁寧に行ってくれ、リフォームをしてから売ることができるようにいろいろ苦心してくれました。中古住宅市場は拡大しているのですが、古い家は売れないことが多いので、リフォームをしてから売却する方が良いというアドバイスでリフォームをしてから売却することが専門の良心的な業者を紹介してくれたのです。

 

おかげで古い中古住宅でしたが、買取をしてもらうことができ、買取価格も満足ができる物だったのでとても良かったです。自分が暮らしていた家だったのでずっと空家になるとかわいそうな気持がありましたが、今は新しい人が住んでくれているので気分的にも満足しており、対応に感謝しています。

中古住宅を購入したことがあります

以前、私は今住んでいる土地とは別の所だったのですが、中古住宅を購入したことがあります。それまでは賃貸に住んでいたのですが、そこでずっと住むという事になったので家を購入する事にしました。最初は土地を探していたのですが、中古住宅付きの方が魅力的な場所にあったので、そちらを購入しました。金額的にもリーズナブルだったので、お得な買い物だったと思います。

 

ただ購入した物件自体は築年数がかなり経過していたのでデザインも古く、機能的にも少々不満があったので、思い切って大々的なリフォームをしてから入居する事にしました。特に力を入れたのがリビング、キッチン、浴室でしょうか。ある程度の広さを確保し、さらにキッチンは出来るだけ機能的にしました。また浴室は風呂釜が浴室内にあったので、新しい浴槽と風呂釜にしました。

 

料金自体はただ単に中古住宅を購入した時に比べると高くなったのですが、元の状態のままにしておくよりもはるかに住みよい環境になったと思います。もちろん、新しい家を建てるよりも安い金額でマイホームを手に入れることが出来ました。また、その住宅自体はその数年後に売却する事になったのですが、その時も思っていた以上に高く売れました。